利点がある

パソコンで調べる

電話代行でメリットを得られる工夫とは

電話や伝言を受けるものや、指定する電話番号に転送するものがありますが、通常はそのかかってきた電話の本数によって料金が発生することになります。予め設定された本数までは変わらない基本料金と、それを超えた分に対する追加料金といった形のものが多くみられます。そこで工夫したいのが、その設定する本数をどの位にするかです。少ないと追加料金が加算されて割高になります。かといって多く見積もり過ぎてしまうと、そこまで電話がかかってこなければ無駄な出費となります。そのために、電話代行に依頼する前に想定する本数の統計を取っておくことが必要となります。おおよその平均値を出しておけば、無駄に出費することが無くなるわけです。

現在の取り組みとトレンドについて

電話代行サービスにおけるトレンドとなるのが、発信業務です。コールセンターにおいて行われる、顧客への発信業務が現在充実しています。支払いに関するものや新商品の紹介など、その内容は多岐に渡るものですが、特に営業支援に関するものが人気を集めています。これはいわゆるテレマーケティングなどと言われる種類のものとなりますが、顧客からの問い合わせに対して潜在需要を掘り起こすことで商品などの提案を行うものとなります。高度な教育が必要となるために、電話代行サービスに委託する企業が増えています。それを受けてスタッフ教育に力を入れる電話代行業者が増える傾向が見られるわけです。これからさらに、このような支援サービスが広まると見られています。

このエントリーをはてなブックマークに追加