法人だけではない

名刺を渡す

個人でも利用が出来る電話代行サービス

企業における事務活動を支えるサービスとして、電話代行が代表的なものとして挙げることが出来ます。電話代行サービスは、契約した電話番号に受電すると専任オペレーターのもとに転送され、会社のスタッフとして応対をしてもらえます。営業活動などで事務所を空けていることが多い、当面は電話番を兼ねた事務員を雇う予定が無いと言う経営者の方を中心に、注目を集めています。また最近では、副業の一環としてインターネット上でショップ運営を行う人も増えています。インターネットショップ運営専用の電話番号を使いたいと言う場合、電話代行サービスを利用することが出来ます。業者によっては、電話番号の貸し出しも併せて行っていることもあるからです。

サービスを利用する際に気になること

このように、法人での運営はもちろん個人でも利用する機会がある電話代行サービスですが、利用の際にもっとも気になるのが、料金になるのではないでしょうか。各社が設けるコースのサービス内容、利用期間などにより違いが生じるため、一概に比較することは出来ませんが、基本的な応対をおこなうサービス利用の場合、1カ月あたり1万円台からとしている会社が多くなります。また、会社によっては保証金などの初期費用が必要な場合もあるので、利用の際にはあらかじめ確認しておくと良いでしょう。申し込みを決めてから実際にサービスが開始されるまでの期間ですが、最短の場合即日からの運営も可能としている会社もありますが、ある程度余裕を持った日程を組むとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加